プロフィール

Cookie *

* Name * Cookie *

夫と二人、
楽しくのんびり過ごす
日々の便り

Nov.2004~Nov.2007年の
シンガポール生活

2005年7月〜2007年3月
までのブログはこちら


カレンダー


最近の記事+コメント


カテゴリー


過去の日記


ブログリンク


サイトリンク


ブログ検索


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSフィード


 | BLOG TOP | 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Simply Bread

simplybread4.jpg

おいしいパン屋さんのご紹介♪

時々行くスーパーと同じビルに入っているので
立ち寄りやすいロケーションでよく利用します。


その名の如く、すっきりとシンプルなインテリアの店内。


写真では半分しか見えませんが、L字のカウンターのガラス
越しには、ヨーロッパ風の田舎パンから甘いペストリーまで
様々な美味しそうなパンが所狭しと並んでいます。
お店はカフェになっており、好きな種類のパンを選んで
サンドイッチをオーダー出来ます。 飲み物以外にも
サラダなどのメニューもあります。


私の『チキンサラダ』サンドイッチ。チバタで。
simplybread2.jpg



夫の『ソルトビーフ』サンドイッチ。 
それにはコレ!とお店の人おススメのライ麦パンで。
simplybread0.jpg

このソルトビーフというモノ、初めて食べたのですが
かなりパサパサで夫には今一つだったよう。。。
私は『妖怪パサパサ好き』なので一つずつ取り替えっこ。

小さな紙カップに入ったコールスローが添えられていてかなりの
ボリュームです。「これなら二人で一皿で十分だったね。」と
言いつつ、腹ぺこだった私たちは「あぁ、もうお腹いっぱい!」
とか何とか言いながらも平らげましたが(笑)。
「ここは8時開店だから、今度は7時半に家を出て歩いて
来ればお腹も空くしいいんじゃない? 
二人で一皿にしてデザートに甘いデニッシュを半分こしよう!」
と食いしん坊夫婦、次回へ向けての作戦は完璧です☆



サンドイッチもパンだけでも、勿論テイクアウェイが可能。
我が家もパンだけ買って帰るコトもしばしばです。
パンを買うだけならやはり品揃えの良い午前中がおススメ。
夕方には選択肢がだいぶ少なくなります。

simplybread5.jpg

お店で食べるサンドイッチもいいですが、週末に、
お家で好きな音楽をかけて、良い香りのコーヒーをいれて、
おいしいパンに好きな具をたっぷりのサンドイッチ、
のブランチもなかなか良いものです♪


*** Simply Bread ***
1 fifth avenue,
01-03 guthrie house,
(Sixth avenue のcold storage のビル)
Tel : 6466 7767
8:00 ~ 21:00 無休
シンガポール国内に他2店舗アリ

スポンサーサイト

食欲の季節?


20070629100615.jpg

ほんの数ヶ月前に落葉し、ものすごいスピードで芽吹いた
我が家の前の樹ですが、ここ数日毎日早朝から、
今までに見たコトがない程のそれはそれはたくさんの
お食事にやって来る鳥たちで大賑わいです。

よく目を凝らすと実がたぁ~くさん!!
え? 実がなるということは花は? えぇ~っ☆?!
毎日見ていたのに? いつの間に・・・。


 
上の写真の二羽はご夫婦のよう。
羽根の様子から右が奥様で、左が旦那様と分かります。



確かに、3、4日前、時々しか見かけないリスたちが
ものすごいスピードでせっせせっせと動き回っていて
" 珍しいなぁ"とその様子を眺めていましたっけ。
鳥の大群が押し寄せる前に食料確保していたのでしょうか?


時々、黄色や真っ青のキレイな鳥たちもやって来ます。
カメラを構える間もなく飛んで行ってしまうのですが(涙)。

普段は心地よく聞こえてくる鳥たちの声も、
今はかなりの大合唱、、、結構騒々しいです。。。
実がなくなるまで続くのでしょうか。。。

そしてこのすごいスピードで変わっていく樹、
次はどういうアクションに移るのでしょうか?

20070629100555.jpg

私の謎の花粉症って・・・
ひょっとしてこの樹が原因だったのかしら・・・?

デング熱





ブォォォ~~~ン!!!

という音と共に白い臭い煙がモクモク~!
この音が聞こえて来ると、何をおいても真っ先に
大急ぎで開いている窓を全て閉める!
『ペストコントロール』(殺虫剤散布) です。


シンガポールは南国ですが、蚊は基本的に殆どいません。
日本の夏、外で灯りを点すと蛾や虫がブンブン寄って
来て大変ですが、ここでは滅多にそんなコトもありません。 
なぜかというと、このペストコントロールのおかげです。

法律で定められていて、どこのマンションでも数週間毎
に行われ、一戸建てのお宅も各自行うよう義務付けられ
ているそうです。

虫が大の苦手な私、虫がいないのは大変嬉しい反面、
"虫がいるのは自然の摂理。この定期的に撒かれる殺虫剤
の方が人体に良くないのでは?" なんて思ったことも
ありましたが、シンガポールが国を挙げて殺虫に躍起に
なるとても重要な理由があるのです。


それは『デング熱』。
蚊を媒体とし、ひどいと死をももたらす感染症です。


日本大使館から送られてきたメールによると、、、

●●● デング熱とは ●●●
日本では馴染みのない名前の感染症ですが、マラリアと
同様にアジアや太平洋諸島など熱帯亜熱帯地域に広く
分布するウイルスによって引き起こされる感染症です。
デング熱は流行する地域全体で年間約1億人の患者が
発生しています。 マラリアと異なり、デング熱を
媒介する蚊(ネッタイシマカ、ヒトスジシマカ)は
空き缶などに溜まった水や竹の切り株に溜まった水でも
発生するために都会で流行することも多く、感染する
危険性は高いと言えます。




そういえば昨年も今頃から秋頃にかけて、TVのニュース
や新聞などでも毎日注意を呼びかけていました。
一戸建てに住むお友達のお宅にも抜き打ちで検査官が
調査に来て、マンホールの蓋の小さな穴に溜まる水を
指摘されたと聞きました。




●●● 最近の状況 ●●●
新聞報道によると、先月の時点で週当たりのデング熱の
感染者数は危険域とされる256件に達していましたが、
以降感染者は増加を続け、先週の感染者数は401件と、
大流行とされる379件を上回っており、
また、現在既に2人の死亡が報告されています。
今回の事態は例年を上回る気温及び降水量が原因と
みられていますが、シンガポール感染症センターの
専門家は、8月中旬から9月にかけて最盛期になる可能性が
高いと指摘しています。
2007年の6月10日から16日まで(第24週)の患者数:401


●●● 渡航・滞在予定の方へ ~滞在の注意事項~ ●●●
デング熱には、予防薬はありませんので、蚊に刺されない
ようにすることが唯一の予防法です。防虫スプレーや
蚊取り線香あるいは厚手の服の着用(長袖、長ズボン)に
よって予防することが大切です。
また、蚊の繁殖を防ぐため、バケツや缶に水を溜めない
等の対策を講じてください。



・・・とのことです。



私たちも気をつけなくてはいけません。

これからの季節、シンガポールにいらっしゃるご予定
のある方は虫除けスプレーをお忘れなく。

Arab Street




シンガポールは年中暑いですが、そんな中でも
アラブストリートに行く日は特別暑~~~い!!
ジンクスの一つになりつつあります(笑)。


私の大好きな場所の一つ、アラブストリート。
たくさんの服地屋さんやカーペット屋さんなどのお店が
軒を連ねています。


クッションカバーが大分くたびれてきたので新しく作ろう!
リビングをオリエンタルだけどアジアン過ぎない
モロッカンな感じにしよう!と、パープルやフューシャの
シルク地を探すのを目的に、久しぶりに出かけました。


いつも覗くシルク地屋さん。
20070626073756.jpg

色とりどり、チェックの織り地や花の刺繍、無地の美しい光沢。
見ているだけでうっとり幸せ、ウキウキ楽しい気分になれます♪
(2年前のローラアシュレイのインテリア用地コレクションの
柄のシルクのドレス地も発見!勿論コピーですが☆)

気に入ったモノが見つかり、4色を各50cmずつ購入。
気軽に10cm単位で買えるのが嬉しいです☆



ランプのガラスの色がキレイな雑貨屋さん。
20070626073815.jpg

民族色の強い小家具も。



毎回、必ず立ち寄るビーズ屋さん。
アラブストリートにはビーズ屋さんも何軒かあります。
20070626073738.jpg

ビーズ屋さんなのですが、店員さんは愛想も素っ気もない
男性ばかり。それでも、行けば私の事を憶えていてくれて
「暫く来なかったねぇ。半年振りくらいかな?」
「お店のディスプレイ、あれからまた随分変わったのねぇ。」
なんて会話は交わすものの、おじさんたちがニッコリ微笑む
のは一度も見たコトがありません(笑)。 
でも毎回、こっそりさり気な~くオマケしてくれるのです☆



一本裏通りに入ると、若手デザイナーやヴィンテージ物
のブティックが並びます。
20070626073615.jpg

お友達へのちょっとしたオシャレなプレゼントを探す時
などに良いところです。
(今一つ残念なのが、せっかくステキなお店を出しているのに、
ご近所同士内装や置いている物などの雰囲気が似ている
ところが多いのです。 がんばれシンガポール!!)

この路地はきっとこれから、Club Street に並ぶ
COOL! な場所になっていくでしょう☆




そして、『空飛ぶ絨毯』は見つけられませんでしたが、
今回の嬉しい戦利品『ココナッツの玄関マット』。
20070627120216.jpg



久しぶりに行ったアラブストリート、この数ヶ月の間に
随分と様変わりしていました。

強い意志を持って臨まないとたくさん買わされそうになるけど、
商品知識が豊富で頼りになるニールおじさんのお店も、
店ごとビジネスを売ったようで、違う名前に変わっていたり。
前にはなかったお店があったり。

何となく淋しい気がするのか、"あぁ、用がなくても時々は
フラフラしに来よう。" と訳もなく感じたのでした。


20070626073837.jpg


Pink Night ☆





先月結婚した従姉妹のHちゃんが旦那様のYくんと
モルジブ&シンガポールのハネムーンの最後に
我が家に寄ってくれました。
(Hちゃんがシンガポールの我が家に遊びに来たのは
なんとこれが3回目。)
 

思い起こせば去年、Hちゃんが2度目に遊びに来て
くれた時、シンガポールの私のPCで、まだ付き合う前の
Yくんとメールのやり取りをして愛を深めていたのよねぇ♪

そんな二人が今は結婚して夫婦になっている、
不思議な感じです☆


私にとって実の姉妹のような友達のようなHちゃん。
ゆったりと、幸せそうで私もとても嬉しいです♪
Hちゃんと結婚できたYくんもすごい幸せ者ですよ!!
改めて、おめでとう♪



Love Loveなハネムーン中カップルも、
結婚4年目に突入したばかりのLoveLoveカップルも、
プレゼントも、食卓も、
み~んなピンク色の楽しいひと時でした☆

20070627120145.jpg

そしてご馳走はこの後、
エビチリあんかけチャーハンフルーツプラッター
へと続いたのでした☆

Cafe Le Caire





アラブストリートのカフェ カイロ。

エアコンもなければお洒落でステキなお店でも
ありませんが、シンガポールで私の好きなお店の一つ。


薄暗い店内に座って強い日差しの通りをボンヤリと
眺めていると、時間が止まっているような。。。
"あぁ、異国にいるんだなぁ" と感じる。。。
そんなお店です。



ある週末の昼下がり、夫と買い物がてらランチに。

久しぶりに行ったら、オンボロだったメニューが写真付き
の冊子に替わっていてビックリ(笑)。

アイスミントコーヒーが飲みたかったのですが
新しいメニューには載っていません。 ウェイトレスの
女の子に「アイスミントコーヒーはなくなっちゃったの?」
と聞くと、怪訝そうな顔で「ミントはティーよ。ミントの
コーヒーなんてありませんよ。」と、さも私がおかしな
味覚の持ち主であるかのように言われてしまいました。
"アナタがここで働き始める前にはあったのよ!"
と心の中で訴えつつ。。。

20070625100051.jpg

仕方なく私はアイスミントティー、夫はアイスラテを。

そうそう、シンガポールで冷たいドリンクを注文する際、
甘いのが苦手な方は " No Sugar Please." をお忘れなく!! 
顔がキュ~ッとシワシワになってしまうくらい甘い
モノが出てきますから☆


私の頼んだ『チキンのグリル』。
20070625100034.jpg


夫の『チキンの煮込み』
20070625100021.jpg


どちらもご飯とサラダが添えられていて、
結構なボリュームです。



暑い日の午後、読み物を持ってのんびりボンヤリしたい。
そんな時にピッタリです。 

20070625100007.jpg

***Cafe Le Caire***
39 Arab Street
tel: 6292-0979

最近


あじさい


気付いてみれば一週間以上振りのUPです。

ここ最近、特にこの1週間は楽しい事も悩める事も
本当に色々なことが重なりに重なって、毎日寝不足、
身も心も頭も忙しく、ぐったりという感じでした。 
週末が待ち遠しかった! 

私は数週間前に引いた風邪がまだ治らず、、、と
思っていたら、最近毎日ものすごく目が痒いのです。
その上、昨日から耳の奥と喉が痒い。
と言う事は、コレはしつこい鼻風邪ではなくて、
ひょっとして花粉?
日本にいた頃は、花粉症に苦しまない"非文明人"
だったのですが、この南国でどうやら別の何かの
植物に反応しているようです。



待ちに待った週末ですが、この週末にしなければ
いけない事が山積み。。。今日も朝から夫と二人で
あっちに電話、こっちにメールと。。。
でも、今晩は焼き肉屋さんでのお食事会にお招き
頂いていますし、明日の夜はハネムーンの帰りに
シンガポールに立ち寄る従姉妹夫妻がご飯を食べに
来てくれますし、お楽しみも満載☆  
大変なコトも二人で心と力を合わせてがんばります!


さて、サボり気味のこのブログですが気を取り直し
来週は、私のお気に入りのお店や場所をいくつか
ご紹介したいと思います。 お楽しみに♪

コサージュ





日頃から、母や叔母に「いいのがあったら買っておいて。」
と頼まれてバッグのバイヤーもどき(?)をしています。
好み、ニーズ、金銭感覚、使う人、が分かっているので
ピンと来るモノに出会うと、その売り場から携帯で
日本に「こういうのが◯◯円くらいなんだけど」と一応確認の
電話を入れて買っています。
嬉しいことに、毎回気に入って使って貰え、周囲の方々にも
評判は上々なのだとか♪
(自分にはなかなか買えなくても、人の物を買うだけで
結構楽しく満足出来てしまう私って安上がり?!)



先月行ったバンコクでも、使い勝手の良さそうなバッグを
見つけ、今回は母、叔母、祖母に色違いで三つ購入。

とてもシンプルなデザインで、外側にポケットも模様も
何もないのでちょっとさみしいかな、と家にあった
材料でコサージュを三つ、作ってみました。


でも、作り終わってから気付いたコトが・・・
これだったら、お洋服に合わせて手持ちのブローチを
着けたり、スカーフを結んだりすればいいんじゃない
・・・別にこんなのなくっても(涙)。


まぁ、いっか、、、こういう物をこちょこちょと
作るのが楽しいのだから☆



おばあちゃん、お母さん、Tちゃん、
とにかく、このコサージュ付きでお渡しします。
気が向いたら使って下さい。

Ocean's 13


oceans13_teaser_1sheet-2.jpg


今日は午後から夫とOcean's 13を観て来ました。


というのも、今日は夫は健康診断のため会社をお休み。
フルコース検診とMRI全て午前中に終わったため、
お気に入りの飲茶ランチをし、大使館で用事を済ませた後、
以前夫が会社で貰ったタダ券を持って映画館へ。

本当はPirates of the Caribbeanが観たかったのですが、
その劇場ではもう上映していませんでした(涙)。

シンガポールは映画の公開も回転も速いので
もたもたしていると見逃してしまいます。



さて、本題の映画は想像通り。 面白かったです☆
仲間の結束が固くて、最後は必ず成功するというのが
分かっているので安心して観ていられる(笑)、というか。 
「そこが良い」と言う人と「物足りない」と言う人とで
別れるところでしょうね☆


ちなみに登場人物が英語で話すこのハリウッド映画、
シンガポールでは字幕は中国語です☆

HDB


HDB.jpg


シンガポールの公団住宅HDB。
日本の公団住宅とは違いこちらでは分譲で、
シンガポーリアンの9割がHDBに
住んでいると言われています。


そんなHDBの風物詩。
見上げるとこんなふうに・・・

HDB1.jpg

洗濯物が旗のように掲げられています。

窓の下に、穴があるのか筒になっているのか、
物干竿が挿せるような構造になっているようです。



色鮮やかなステキなこの作品は、友達のAくん(10歳)の
通うイギリス系の学校の掲示板で見つけたモノ。
外国人の子どもたちの目にも、この縦干しの洗濯物は
面白く、印象強く映るのですね♪






シンガポール伊勢丹35周年記念の
限定キティちゃん人形。

日本の着物と、シンガポール3大民族それぞれの
中国のチャイナドレス、マレーシアのクバヤ、
インドのサリー、といった衣装を身に纏っています☆


期間中、シンガポール国内の伊勢丹にて35ドル以上
買い物をすると、一体20ドルで購入できるそう。
(それぞれ購入可能時期が異なります。)


どれも可愛いけれど、こうやって見比べてみて
改めて、 "やっぱりキティちゃんは赤が似合う!”
と思ったワタシでした☆


お一ついかがですか♪


20070608193700.jpg


最近、我が家のご飯が美味しくて止まりません。

夫婦揃ってダイエットに励まなければならない身分
だというのに、これまた揃って炭水化物好き。 
この事態は困りモノです。

なぜご飯が美味しいか?
少し前にNHKの『プロフェッショナル』の特集で
徳岡流 美味しいお米の炊き方を観て以来
お米を洗う→ザルに上げて休ませる→お水に1時間以上浸す
を実行している(お鍋で焚く途中に一度かき混ぜる、という
行程は私は炊飯器なので割愛)せいではないかと思うのです。
つやつやプリプリのご飯が炊けるのです。



さて、シンガポールのお米事情。

日本産のコシヒカリは5kgで日本円で5000円前後。
オーストラリア米は5kg800円弱。
(タイ米、インド米はもっとお安いです。)

日本米の方が文句なしに美味しいのですが高級品なので(涙)
和食メニューで白いご飯で頂く時は日本米、
カレーやチャーハンなどの時はオーストラリア米、
といった具合に、我が家ではこの2種類+αを常備し
お料理に応じて使い分けています。
ちなみにシンガポールは高温多湿なのでお米は冷蔵庫保管。


そんな中、最近の嬉しい発見が
『シンガポール明治屋 ベトナム産こしひかり』
2,5kgで1000円強。
20070608193643.jpg

↑だそうです。

シンガポールに来たばかりの頃、何も知らず初めて買った
お米はアメリカ産のコシヒカリでした。 
忘れもしません、それが涙が出る程不味い代物だった!こと。
そんな経験があるので、恐る恐る、"でも日本の会社の製品なら
そんなにひどいという事はないでしょう" と買ってみると、
徳岡流と相まってかコレがなかなか美味しいのです。
これから、我が家の "外国米ポジション" の
レギュラーとなりそうです。



日本では、水田の水面に青空と流れる雲が映っている頃でしょうか。
そんな季節の移ろいを恋しく思い浮かべつつ、
シンガポールは今日も朝からお陽様ギラギラ、暑いです!!

LIDO


LIDO1.jpg

バンコクの内緒にしておきたいレストラン。
どちらかと言えば『レストラン』と言うより『食堂』。
裏通りに、地味な佇まいでこじんまりとひっそりと。
タクシーの運転手さんも見落としてしまい、
迷ってしまうイタリアン食堂『LIDO』。


前回のお友達とバンコクを訪れた時、初めて行き
惚れました☆
ここは以前、別の友達が以前バンコクに行った際
現地に住むお友達に連れて行ってもらって美味しかった、
と話していたのを思い出し、お店の名前も場所も
覚えていなかった彼女の話の中の数少ないキーワードを
頼りにインターネットで探し当てたお店です☆



シンガポールにもたくさんあるイタリアンのお店。
でもなかなか満足のいくお店がないのです。
ファミリーレストランレベルか、その上のレベルは店構え
はステキでも質と値段が見合っていなかったり。
その上の"おいしい!"と思えるお店は頻繁には通えないし。




メニューは特に突飛なモノはなく一般的なものがずら~り。
とっても家庭的なおいしさなのです♪
そう、例えるなら、とってもお料理上手な奥様のいらっしゃる
お宅にお邪魔してご馳走して頂いているようなお味。
そしてお安い☆ 一番シンプルなパスタは一皿¥350-くらい!


フレッシュトマトとアンチョビのブルスケッタ。
LIDO3.jpg




夫の頼んだポルチーニ茸のクリームソーススパゲティ。
LIDO2.jpg

ポルチーニ(乾燥)がたっぷり、風味が強~い☆

中途半端な時間に機内食を食べ、お昼抜きで腹ぺこだった
夫はペペロンチーノと二皿ペロリと食べました(笑)。

使っているのは乾麺だと思うのですが、絶妙の
アルデンテでプリプリなのです。
そしてここのパスタは本当に茹で上げの熱々!!!

今回は注文しませんでしたが、このお店、ピザも
パリパリの生地でとっても美味しいです♪



〆はデザート☆
LIDO4.jpg

ティラミス。
約8、9cm四方大、大きいです。
アイスクリーム仕立てでシャリシャリと冷たくて、
でもお皿は温めてあるので下の方から溶けてきて。。。
ペロリです☆




このお店が近所にあったら週一回は通うかも♪

LIDO0.jpg

*** LIDO Italian Restaurant & Pizzeria ***
34/3 Soi Sribumpen, Rama 4 Sathorn,
10120, Bangkok
Tel : 02-677-6351   12:00~24:00

親指の謎


シンガポールに暮らして2年半。
実は、ずっと気になっているコトがあります。

密かにそれを 『親指の謎』 と呼んでいます。



「色違いはそちらにありますよ」「トイレはあちらです」

20070602144942.jpg




「ここにサインをして下さい」

20070602144929.jpg

(手モデル:夫)


手をグーに握って、親指の爪を上に向けて、その親指で
方向や位置を指し示すのです。
私の気付く限り、多くの若い中国系女性がそうします。 
男性や中高年の女性、インドorマレー系の方がそうする
のはあまり見ないような。。。




そんな場面に出くわす度、 "あっ!! 出たっ!!" と心の中で
過敏に反応してしまいます(笑)。 
それが良いとか悪いとかではなく、自分でも不思議な程
ただただ気になって仕方がないのです。



その名の通り『人差し指』で人を指し示すのが悪いマナー、
というのは万国共通のようですが、コレは・・・?
日本ではお行儀が悪いと思われる『立て膝』が韓国では正座
であるように、何か文化的、伝統的な意味があるのか。
それとも単に、それがここではcoolなポーズなのか。


もし、後者だった場合、私個人的には『親指差し』よりも、
5本の指をきれいに揃え手の平で "あちらです" "こちらです"
と指し示す方がエレガントだと思うのですが。

謎です。



今夜、夫が会社のチームのメンバーを招いてBBQ
パーティーを開くので、その際にシンガポーリアンの
女の子に聞いてみるつもりです。

謎が解けたらまたご報告致します☆

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。