プロフィール

Cookie *

* Name * Cookie *

夫と二人、
楽しくのんびり過ごす
日々の便り

Nov.2004~Nov.2007年の
シンガポール生活

2005年7月〜2007年3月
までのブログはこちら


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事+コメント


カテゴリー


過去の日記


ブログリンク


サイトリンク


ブログ検索


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSフィード


 | BLOG TOP | 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20070608193700.jpg


最近、我が家のご飯が美味しくて止まりません。

夫婦揃ってダイエットに励まなければならない身分
だというのに、これまた揃って炭水化物好き。 
この事態は困りモノです。

なぜご飯が美味しいか?
少し前にNHKの『プロフェッショナル』の特集で
徳岡流 美味しいお米の炊き方を観て以来
お米を洗う→ザルに上げて休ませる→お水に1時間以上浸す
を実行している(お鍋で焚く途中に一度かき混ぜる、という
行程は私は炊飯器なので割愛)せいではないかと思うのです。
つやつやプリプリのご飯が炊けるのです。



さて、シンガポールのお米事情。

日本産のコシヒカリは5kgで日本円で5000円前後。
オーストラリア米は5kg800円弱。
(タイ米、インド米はもっとお安いです。)

日本米の方が文句なしに美味しいのですが高級品なので(涙)
和食メニューで白いご飯で頂く時は日本米、
カレーやチャーハンなどの時はオーストラリア米、
といった具合に、我が家ではこの2種類+αを常備し
お料理に応じて使い分けています。
ちなみにシンガポールは高温多湿なのでお米は冷蔵庫保管。


そんな中、最近の嬉しい発見が
『シンガポール明治屋 ベトナム産こしひかり』
2,5kgで1000円強。
20070608193643.jpg

↑だそうです。

シンガポールに来たばかりの頃、何も知らず初めて買った
お米はアメリカ産のコシヒカリでした。 
忘れもしません、それが涙が出る程不味い代物だった!こと。
そんな経験があるので、恐る恐る、"でも日本の会社の製品なら
そんなにひどいという事はないでしょう" と買ってみると、
徳岡流と相まってかコレがなかなか美味しいのです。
これから、我が家の "外国米ポジション" の
レギュラーとなりそうです。



日本では、水田の水面に青空と流れる雲が映っている頃でしょうか。
そんな季節の移ろいを恋しく思い浮かべつつ、
シンガポールは今日も朝からお陽様ギラギラ、暑いです!!

スポンサーサイト

コメント

お米は、いいものは、炊き上がりにぴかぴかしていて美しいですよね。
実家は去年IHジャーを買ったので、さらにご飯がおいしいと申しておりました。

水田は、これからかえるのにぎやかな季節になりますね♪

高いですね〜。

日本のお米…。
でも、やっぱり日本のお米はおいしい♪
しかも、焚き方のちょっとした一手間で、またおいしくなるのですね〜。

でも、お米を主食としている国は結構あって、それぞれの国の料理はやっぱりそれぞれの国のお米が合いますね。
バングラデシュのお米は、日本のお米よりず〜〜っと安いのですが、こちらの料理にはやっぱり合って、それなりにおいしい。
しかも、軽いのでたくさん食べられます。
(これ、危ないけど・・・。だからこっちの人は太っているのかも。)
でも、このご飯で日本食のおかず、というとやっぱりダメ。

日本のお米はご飯だけ頂いてもおいしい♪というのが素晴らしいですね★

初めまして

前のブログの時から何度か拝読させていただいていました。
シンガポールは明治屋さんがあるから、いいですよね〜
私は赴任時、シンガポール経由で南アに行ったのですが、
“最後のチャンスだ!”とたった2泊の滞在だったのに、3回くらい行っちゃいました。紀伊国屋にも感動でした。
南アでも、オーストラリア米が“SUSHI RICE”で売っています。もはや、このお米に慣れてしまったので、日本のお米は何でも(?)美味しく感じます。

<シンガポールで日本のお米に近い物が
食べられるんですね。
それもコシヒカリだなんて、びっくりです。
ベトナムって、果てしなく続く水田を水牛がのんびりと
耕しているイメージ。
いかにも美味しいお米が採れそうです。
日本も、入梅はまだですが、田には水が入りました。
シンガポールに遊びに行くときは
ササニシキ、10KGと塩鮭を持ってお邪魔しますね☆

meiDi-ya ?

こんにちは。お久しぶりです。
私は、新潟という”米の名産地”に住みながら、夫婦共々、そこまで”米好き”ではないため、おいしいお米の大切さを忘れていました。私も海外で生活していた時、高い日本米を諦め、イタリア米、カリフォルニア米を使っていたのを思い出します。でも、友達で秋田出身の子は、絶対に高い日本米を買っていましたけどね。さすが、秋田の子は、お米の味にうるさかったです(笑)。
ところで、ちょっと気になったのは、明治屋さんのスペル。"meiJi-ya"ではなく、"meiDi-ya"だったんですね。英語で発音すると、”メイディヤ"になりそう??
スペルの話をすると、新潟で、私たち夫婦はよくミススペルを発見しますよ。かなりあるんです!みんな、気付かないのかな〜?
<例>
no smorking(禁煙の意味でしょうけど・・)
sarad(サラダ?お店の前に堂々と書いてありました。)
childlen(子ども達・・?これなんて、レンタルDVDに!)
こんなこと日常茶飯事です。こんなことなら、日本語で書けばいいのに・・・。と思う今日この頃です。
新潟では、ゴールデンウィークに田植えをします。同僚の子も実家に手伝いに行っていました。自分で作ったお米は一段とおいしいんでしょうね。

おのぼりさん さんへ

炊飯器でご飯の美味しさは確かに違うかも!
こちらに来て最初の一ヶ月滞在したサービスアパートメント
には、日本では今時お目にかかれないようなすごい原始的
な炊飯器があったので、あのお米が不味かったのはそのせいも
あるのかもしれません。
あと、3合炊きから5合炊きに買い替えたら、驚く程美味しく
なったのを憶えています☆

きなこさんへ

日本産のお米は日本で買うのの倍以上のお値段です(涙)。
バングラディッシュもお米を作っているのですね。
確かに、その国のお料理にはその国のお米が一番です
よね☆ 
軽いと結構たくさん食べられちゃう、そうですね!
分かる気がします!

ましゃさんへ

はじめまして、コメントありがとうございます♪

ましゃさんは南アフリカ在住でいらっしゃるのですね。
南アフリカといえばヨハネスブルグ、くらいの知識しか
持ち合わせておらずお恥ずかしいのですが、そちらの
日本食事情はどうなのでしょうか。
シンガポールで一番人気の外国食は和食だそうで、
日系でなくても一通りのモノが置いてあるスーパーが
多くて助かります。恵まれていますよね。

『sushi rice』確かに、ジャポニカ米だというコトが分かり
易いといえば分かり易いネーミングですね☆  

りぼんねこさんへ

シンガポールでは日本の食品は大方手に入るので
助かります。  高いのは仕方がないとは思いつつ、
買うのに勇気の要るものもいっぱいです(涙)。
最近ショックだったのが、ごく普通クラスの10枚入り
の焼き海苔が一袋500円くらいだったことでしょうか。
このベトナム米は嬉しい発見でした。 きっと水牛が
耕した水田で育ったお米なのでは♪

いえいえそんな、シンガポールに遊びにいらっしゃる時
には手ぶらでいらして下さいね!    ・・・ジュルル。

ペンギンさんへ

そうそう、MEI『D』IYAなのよね。
大名古屋ビル『ヂ』ング、みたいよね(笑)。

そうよぉ〜! ペンギンさんは米どころにお住まいじゃない!!
でも、それほど興味がなければ、、、あぁ勿体無い!
フランスに行ったら、きっとおいしいお米が恋しくなる(・・・なる
かなぁ?)から、今のうちにしっかり食べておいて下さいね♪
特にペンギンちゃんはた〜っぷりね☆

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。